ブログトップ

a,ito  hibi

itoatsuko.exblog.jp

夏休み2

作っているものを装身具として意識するのは、いつもこの方からの依頼のときです。
ご自身が南の海で出会った貝
これをバングルとして大切に身につけていたいとの依頼
そのときの情景、想いの詰まったものを
大切に身につけたいという心の動きそのまま
永遠の装身具として作り直すことに没頭した作品
真ん中
e0070099_16194675.jpg

作ったものの空気が付け手のかたの身体の一部として、または限りなく親和性のあるものとして
許されてある
あるいは尊ばれてある
深いところで人と繋がれる
もの


ものを作りながらも常に人への興味がつきず
細々とでも作ってきたことで
ものを介して様々な人と関わり
またものをつくり


現在あるにも関わらず記憶の一片となり

ときに自分もその記憶に励まされたり

人の傍らにあり
またしばらく時を重ねる

e0070099_16345342.jpg


今回はoutboundという場所と、主の、ものと人を結ぶ
愛情と人間味溢れる、ときに野生の感触のラインに乗っかって
するすると本当にいい巡りができた気がしています。

装身具展はまた次回に続きます。
各自の扱う素材と真摯に格闘している作家さんたちと
一緒の熱も加わって
またいい展示ができる予感がしています。







また、現在は長崎の真珠を手に。
e0070099_10083951.jpg
C&  storyより


真珠の稚貝だそうです。

儚い
生まれてきてくれてありがとうな一枚
夏休み明けにはこの真珠を

今、頭は幸せな考察たくさんです。





































a

[PR]
# by ito-atsuko | 2018-08-09 16:33 | 考えたこと | Comments(0)

夏休み1


2018新年の、
やる気満々の投稿から半年以上たちました。
その頃楽しみにしていた制作や展示が終わり、
今ようやく心の夏休みに入ったところ,
振り返るゆとりのありがたい時間を得ました。


.
.
.



2月にやってきた近しい人との別れ
病院でしたが隣のベッドで幾晩か
重いけれど清廉で、大切な時間を過ごし
肉体の終わりの最後の最後には心か魂が強く動くことを確信しました。



.
.
.


4月は京都
森田さんのところで個展でした。
2年前にSUさんで出会った時にご家族で、もんちゃんというまだ2歳くらいのお子さん連れで
もんちゃんがギャラリー前の路地で自分の遊びを作り始めた時に、
なんだか懐かしい記憶がよみがえってきました。
自分が子育てまっさかりのころ、じっとこどものやることを身体で感じながら楽しんでいる図。
そして昨年京都の展示の時に遊びに伺ったときには、
もうすでに私がそこで個展をやることになっていて
その時に庭に散りはじめていた美しい薔薇の花を味わい
来年この花が咲く頃に開催しましょうという緩い約束をしたのです。
そして今年4月の終わりに展示がはじまるそのときちょうど、
花は咲き香りはじめ、
森田さんがあとからおっしゃるには、他の家ではまだ開いていなかったそうだから、
薔薇が話を覚えていてくれて今日ですと
自ら開花させてくれたとしか思えないような、不思議で
今振り返っても言うに言われぬ光景の中で
それははじまりました。
来場下さるかたがたは、私の作ったものを心か魂で観て下さるような気がしていましたし
もんちゃんは私を魅了し続け、
時々会場にやってくるのを全身全霊で迎え何も見落とさないようにと務めました。
言葉であらわすことは難しいですが、
生を受けてどこからかやってきた心の塊が同じ空間にぽっと火を灯しているような
ずっと幸せを感じていました。


.
.
.



5月骨格展
2月にciboneのお二人がわが家に打ち合わせに来て下さり、
魚の入ったカレーを食べながら
熱のある、魂の籠ったこんなことやるつもりのお話うかがって
身体で受け止め、俄然張り切り作った
作品
白い壁面に設置されるのと身につけるときの違いはどうだろう
骨格
首に廻す質感の違うものを横並びで壁に
並べたときはものが浮き出て形や質感が空気を作る  金属の骨格
装着すると身体を取りまく空気がかわる
+人によってものの空気もかわる
単に金属とは言えないようなものになる

様々な意識の方がそれぞれに興味を持ち
身につけてくださり、思っているよりもずっと
それぞれが別の仕方で各々の調子にあうようになって来ると同時に
人が付けてからものの力は増幅したように映る

人というものの魅力は何か惹き付けてやまないです。
作りたかったものと、
人の心.魂や
自分でも気づかない我が身の深淵なところとの関係性が
新たに始まりかけたような発見
心弾ませます。



.
.
.




7月「装身具」展

心を動かされつつ制作に
必死で過ぎた半年
そして装身具と言う言葉に魅かれ魅かれて7月7日

e0070099_15004517.jpg
私の装身具
1990年代、はじめて作品をコンテンポラリーのジュエリー(これもよくわからない枠でありますが、今までみんながいだいているジュエリーの価値観を逸脱していたジュエリー)として公募展に出品したもの。
ちょうど2歳のもんちゃんのような我が子と共に一日を小金井公園で過ごしていたころ。
低い目線で、時間の観念なくやたらと道草をくいながら拾い物をしては大きな公園を徘徊しておりました。
とくに台風の翌朝は公園という人工の残る場が野生の片鱗を見せる時でした。
根こそぎ倒された大木、昨日まで命あり、日影をつくってくれた樹でしたが、台風始末にやって来た公園管理の職人さんたちに手際よく切られていくばかり。運搬の前に譲っていただき、これを大切なジュエリーにと制作をはじめ出品しました。それまであった光景が突然消えてしまったことへの驚き、過ごしてきた単なる日常への執着を急に感じたはずです。今もその一片がこの手の中にあることの不思議、しばらくぶりに手にしてみるとあのころの日常が急激によみがえり、弾んでいたあのころの私と再会したような気がします。

そしてその頃の私は
`自分にとっての宝物を持ち寄って装身具を作ろう`というワークショップを開いていて当時の懐かしのお知らせが残っていました。

e0070099_15262751.jpg
作ることで自身の存在を確かめ、子育て中の合間の
僅かな自分の時間を大きく享受していた時代。

3枚目最後のジェームス.ジョイスの一文は現在の私の心にも細く繋がっていると思います。
当時の私と話がしたい!!






















e0070099_15275379.jpg





















e0070099_15284852.jpg





[PR]
# by ito-atsuko | 2018-08-09 14:54 | 考えたこと | Comments(0)

2018

e0070099_16011972.jpg
新たな気持ちで仕事を始めています。
じっくりと思うことを制作へ繋げられるように




[PR]
# by ito-atsuko | 2018-01-08 16:04 | Comments(0)

Spiral


来週はじまる展示のお知らせです。

PatternPile
会期:2017.10.27(fri) -11.3(fri) 11:00-20:00
会場:Showcase(Spiral 1F)南青山5-6-23
by itoatsuko, kimikosuzuki, stitch


今回はpatternというタイトルで、装飾のなごりある朽ちた鉄を使用したジュエリーを制作しました。
この他にもpatternに因んだ新作の数々、定番のものもご覧いただく予定です。
e0070099_00054302.jpg

[PR]
# by ito-atsuko | 2017-10-20 00:07 | 制作、展示 | Comments(0)

Into Materials

e0070099_13112383.jpg
`Into Materials`
2017.9.26(tue)-9.30(sat) 10:00-18:00
@Japan Cultural Exchange Nieuwezijds Voorburgwal 177-1 ,1012RK Amsterdam

漆作家,日置美緒の漆と伊藤の金属
各々の素材から
行程を重ねたところで生まれる
一瞬の美を
ジュエリーというかたちに切り取りました。
9月25日に現地入りし、期間中ギャラリーでお待ちしています。
9月にオランダに行かれるご予定の方、在住の方、ぜひ足をお運びいただけると嬉しいです。



[PR]
# by ito-atsuko | 2017-08-11 13:19 | 制作、展示 | Comments(0)

オランダ

9月にアムステルダムで展示をすることになりました。
大好きなオランダで、自分の作ったジュエリーを介して、現地の方々と接点がもてるのが
嬉しいです。
展示での旅は出会う人との距離がより近づきます。
同じ視点でものを観る人と多く繋がれることを期待しつつ。
現在準備中-詳しくはまた追ってご報告します。

そして、その前にもうひとつ楽しみなお知らせです。
7/5(wed.)-7/11(tue.)10:00-20:00(最終日のみ19:30まで)
銀座松屋7Fデザインギャラリー1953にてジュエリーの合同展に参加します。
新作もできあがりつつあり、久々にいろいろな方に会えたらなあと思っています。
毎日終日現場におりますので、どうぞ遊びにいらしてください。







[PR]
# by ito-atsuko | 2017-06-23 11:49 | 制作、展示 | Comments(0)

京都

連休明けに京都で展示があります。

2017.5.13(sat),14(sun)
11:00-20:00
@gallery110京都市中京区西ノ京職司町67-15
tel075-802-8188
itoatsuko jewelry exhibition


今回3度目になるgallery110での展示ですが、
110があの場での活動を終了するということで、今回が最終となります。
お隣のコトバトフク藤井さんとのやりとりや、ご近所の古い喫茶店から運んで来れる生ジュースと店の人、ビルの屋上からの京都を囲む山々を一望する絶景、
旅の発見や心模様とともにその場にいれる、またそんな心持ちで
来て頂く方々と話ができる最高の場所でした。

訪れて下さる方々にも最後の展示
何か想いを残していただけますよう、作品の準備をしたいと思います。













a


[PR]
# by ito-atsuko | 2017-05-02 17:13 | 制作、展示 | Comments(0)

つくば



2017.4.22(sat)-4.30(sun)@ShingosterLIVING


e0070099_22554144.jpg
itoatsuko/jewerly tulla/finetextile from India
つくばのシンゴスターリビングでの展示が始まります。
22日には在廊します。新緑とcoxのご飯も楽しみに











[PR]
# by ito-atsuko | 2017-04-11 22:54 | 制作、展示 | Comments(0)

依頼のもの

懸案のもの、無事収めることができました。

成人した時に子供達にそれぞれ渡っていく、
世代を繋ぐジュエリーでした。

その日までは父親である依頼主が
装着しています。
子供達のお母さんにも同じ系統のデザインでピアスも作り,
大きく家族の繋がるジュエリー。

未来にむかって
`もの`への想いを刻んでいく


心弾む制作時間でした。







a






[PR]
# by ito-atsuko | 2017-03-20 14:22 | Comments(0)

作用


手を動かし
何か心も動かしながら制作したちいさなものが
人の手の中におさまり
その心をまた少し揺り動かすという循環。
ギャラリーの主は
この小さな愛おしい場を
創造し
単なる流通を超越した
原初的な
ものと、それに付随する
意識の交換を支えてくれる

私にとっては、手の仕事に携わりたいと数十年前に思い考えてみたことが
もうひとつ報われるような














a






[PR]
# by ito-atsuko | 2017-01-21 11:39 | 制作、展示 | Comments(0)

「作用」展 2

昨年から開催しておりました作用展、16日を持ちまして終了しました。
数々の作品から漂う、自由な気配に満たされた会場で、
制作物に感じ、思い、ある日は作家のかたとの興味深い会話。
また、主のぐっと突き進んでいながら、
真摯な姿勢で丁寧に、独特の空気が徐々に人々に伝播していくことに関して。
期間中に味わったこと、ずっと気になっていたことももっと開いて、あるいは深くもと思います。
ありがたい展示でした。

また、作用展は巡回し、本日から(~2017 2.15)
「 la kagu 」新宿区矢来町67
にて開催される「工芸青花」7号関連企画「生活工芸と作用」展にoutboundより参加させて頂きます。
本日は15時から対談が開催されるそうでhttp://www.lakagu.com/event 内容が楽しみでもあります。










[PR]
# by ito-atsuko | 2017-01-18 13:03 | 制作、展示 | Comments(0)

新年

e0070099_22395034.jpg

安らかな一年になりますように。





[PR]
# by ito-atsuko | 2017-01-04 22:41 | Comments(0)

「作用」展


第4回 「作用」展 於 outbound 吉祥寺本町2-7-4-101
2016年12月21日 [水] – 2017年1月16 [月]|11:00 – 19:00|
年末年始休業 12月31日 – 1月5日 定休日 12月27日、1月10日

”塊状の容れ物であり、充満した余白であり、刹那の標本である様な、
「目に見えない抽象的な作用」をもたらし得る造形物の展覧会を開催致します。”


参加作家


伊藤敦子として用途のない金属の欠片を制作し出品いたしました。
年をまたいだこの展示、
来年のはじまりの楽しみにもなっています。

今年は明日までー
一年間どうもありがとうございました。






[PR]
# by ito-atsuko | 2016-12-30 00:55 | 制作、展示 | Comments(0)

仙台から12月へ

仙台展示→松島を旅してきました。

旅をするとなぜか前にした旅の記憶が蘇ってきます。一日の行動,シチュエーションが似ているということもあるけれど

光景と自分の意識が解け合っている極めつけの一点を

ゆっくりと感じる時間を持てるからか,,,

というわけで2月の一人時間ユトレヒト懐かしく思い起こしています。



e0070099_10333355.jpg
松島海岸より


e0070099_10454574.jpg

ユトレヒトの住宅



e0070099_10350667.jpg

仙台での展示も




そして今年最後になるジュエリーの合同イベント参加のお知らせです。

2016 New Jewelry http://newjewelry.jp/nj2016/exhibitors/
@アーツ千代田 3331​千代田区外神田6-11-14 tel03-6803-2441
www.3331.jp

12/2 16:00-20:00 *レセプションパーテイー
12/3 11:00-20:00
12/4 11:00-19:00

3日間おります.
どうぞ遊びにいらしてください。












a


[PR]
# by ito-atsuko | 2016-11-27 10:50 | Comments(0)

11月


matte gloss @SPIRAL /Showcase、無事に終了いたしました。お一人お一人と話が出来る機会、本当に楽しませていただきました。
それらを糧にまた次の制作にかからせていただきます。みなさまありがとうございました。
本日は藤野にあるstudio fujino http://www.studiofujino.comに納品に伺いました。明日より常設でお取り扱いをいただきます。
藤野駅より陣場山への道,,,小川、竹林、素晴らしいロケーション。
年月を刻んだ威風堂々の家屋を、ひとつひとつ念入りに改装されたという
張りつめながらも温かなしつらえのほうぼうに魅了されました。
11/5~11/13 には 様々な素材の9名の作家さんによる帯留め展が開催されています。秋の一日、ぜひ足を伸ばしてみてください。
そして来週からは仙台におじゃまいたします。
`空の柱 山々のかたち` artist collaboration.3 in Sendai
2016.11/12-11/23 12:30~19:00
@BOITE http://www.ga-boite.com/journal/

e0070099_22121355.jpg


インスタレーション佐藤理永さん、山の写真深野稔生さんとのコラボレーションをお楽しみ下さい。11/12,13は在廊いたします。









a
[PR]
# by ito-atsuko | 2016-11-05 22:12 | Comments(0)

matte gloss

10/27より始まりました合同展

`matte gloss`
10/27-11/4 11:00-20:00@SPIRAL 1F Showcase東京都南青山5-6-23

お越しいただきました方々ありがとうございます。様々な出会いや再会に感謝しつつ
折り返しました。

本日は13時からの在店になります。

また11/3(祝)は
今年始めのオランダで展示されたJewelryがオランダ大使館のお茶会の場でお披露目されるということで
http://candheart.com/blog/2016/09/25/東西百菓之図-お披露目の会-invitation-to-the-presentation-of-sweet-hirado/

このお茶会に参加するため、matte gloss の展示は14時〜16時頃まで外させていただくことに,,,
大変申し訳ないのですが、ご予定頂いていた方々〜急いで戻って参りますので(!)お時間調整して頂けましたら幸いです。

お茶会の様子ものちご報告いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。







a
[PR]
# by ito-atsuko | 2016-11-01 11:26 | Comments(0)

壊れていたパソコンが戻り、ようやく言葉が流れるような感じを得ています。

ものを作るのに
手の感触、手の中へのおさまりや
時に手が定規になったりもして
身体の感覚の最後を手に任せていましたが、
パソコンもその手先となって流れたような.不思議です。

制作をしていると
手で考えることで作ってきたということを実感するこの頃。
今週末から始まる展示も一点ずつの作業がとても楽しいものでした。


’空の柱 山々のかたち ’
2016.10.1-10.10 11:00-19:30
@水金地火木土天冥海 東京都渋谷区神宮前5-2-11H.P.DECO3F
www.suikinhpf.com
e0070099_1584786.jpg

動く手が自ずと作るかたち
溶かした金属がおさまりをつけるところ
炎の描く無作為のline
異なるものの交錯が生む、auraのようなもの

*10月1日と2日の11:00-19:00在店いたします

共催されるiaiの展示も楽しみです。http://iaiiaiiai0512.tumblr.com
京都の山の麓の村で村の人々との交流を重ねながら洋服作りをしていて、仕事と生活をごく普通に楽しんでいるようでいながら、きっと服飾ブランドとしては実験的であろう方法に興味津々です。

一枚一枚大切に作られた、その手触りのなんともいえない布を使わせて頂き、ほんの少し装身具も制作しました。




























_
[PR]
# by ito-atsuko | 2016-09-27 15:08 | Comments(0)

お知らせ

7/13~18松屋銀座7階デザインギャラリーにて開催される合同展SummerJewelryに参加します。
13(10:00-18:00)16,17(12:00~20:00)18(12:00~19:00)に在店予定。新たに夏山のようなクオーツのジュエリーを制作しています。

また、5月よりmina perhonen代官山店(ヒルサイドテラス)にitoatsukoのジュエリーが並んでいます。それらは愛情溢れる温かな空間に幸せそうな空気を発しておりました。
また2ヶ月間行きつ戻りつして制作没頭してきた作品がようやく完成し、spiral5f  Call に置かせて頂きます。
こちらもさまざまに集められた作品の息づかいが交錯する興味深い場所、どうぞ足を運んでみて下さい。

[PR]
# by ito-atsuko | 2016-07-11 07:20 | Comments(0)

京都

来週京都に伺います。
2016.4.22(fri)-4.24(sun)10:30-20:00
@gallery110 /京都市中京区西ノ京67-15
itoatsuko jewelry exhibition 火の痕跡を身につける
 
e0070099_00152173.jpg

[PR]
# by ito-atsuko | 2016-04-16 00:17 | 制作、展示 | Comments(0)

つくば


週末からの展示のお知らせです。

2016.3.5(sat))-3.18(fri)
@shingosterliving
http://shingoster.com/gallery/gallery160227.htm

Itoatsukoさんの写真




[PR]
# by ito-atsuko | 2016-03-03 09:37 | Comments(0)

オランダ

オランダはアムステルダムで開催された

MONO JAPAN– Japanese Craft & Design` 5 – 7 FEB 2016
/LLOYD HOTEL & CULTURAL EMBASSY PRESENT
http://www.monojapan.nl 

C&より参加しました。http://www.monojapan.nl/jp_cand/ 

e0070099_22332650.jpg

平戸のお菓子の型をイメージソースにジュエリーをという依頼を受け制作しました。年月を重ねてきた美しい木型を手にし私もまた手元にあった魂の行き場を失ったようなものものを紡いで新たな塊をつくりました。ただただ繕い重ねるというシンプルな作業は、心を鎮め、また、野生とかたちの間の行ったりきたりをあいまいに溶かしていくものでした。



アムステルダムの会場で4日を過ごした後はわずかですが旅をしつつ帰国しました。

また追ってご報告します。



[PR]
# by ito-atsuko | 2016-02-26 22:27 | 制作、展示 | Comments(0)

新春

e0070099_18355115.jpg
佳い一年になりますように。









[PR]
# by ito-atsuko | 2016-01-03 18:35 | Comments(0)

New Jewellry2015


来週開催のイベントNew Jewellry2015に参加します。
http://newjewelry.jp/nj2015/






[PR]
# by ito-atsuko | 2015-11-29 00:25 | Comments(0)

Spiral

Black Tone  11/2- 11/8 @表参道 SPIRAL 1F Showcase
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1681.html
ジュエリーとテキスタイルの4名の合同展.

+ディスプレイでは菊地絢女さんが紙で黒のオブジェクトを制作してくださいました。

私も黒をテーマに目下制作中です。

4ブランドのアクセサリー・テキスタイルが揃うイベントです。
SPIRAL.CO.JP


[PR]
# by ito-atsuko | 2015-10-28 21:04 | Comments(0)

名古屋で

Contemporary Jewellery Fair @SHUMOKU GALLERY
10/2(FRI)-10/24(SAT)
に出品します。

名古屋市東区橦木町2-25 磯部ビル1F
TEL/FAX 052-982-8858
営業時間 11:00-18:00
定休日 月・火 日曜日は展覧会開催時のみ営業
http://www.shumoku.net/#!-2/c1tj2 


[PR]
# by ito-atsuko | 2015-10-02 20:44 | Comments(0)

平らかで


平らかで
[PR]
# by ito-atsuko | 2015-09-16 10:06 | Comments(0)

楕円

e0070099_14252409.jpg
今日から始まります。

itoatsuko jewellry - Daen展@ 水金地火木土天冥海

9/8(tue)-9/17(thu)11:00-19:30(*9/12,13、14時より在店します)







鳥が空を飛ぶとき、鳥は環境としての空と一体である。。しかし空そのものはどこまでも繋がっていて、鳥がどこからどこへ飛んだかなどは関係ない。道元はそんなことを言った。
このときの空を「身体」としてわれわれが経験すること。これが純粋経験であり、あらゆる本質的な経験である。そしてそれが、「自己を実現すること」なのだ。皮膚あるいは境界は特異な位置をもつ。。それは経験と経験の連接の場所、現在から過去へ、現在から未来への折り返し点である。それは世界に身をもたせかけて呼吸をする。その内側にあるものも外側にあるものも、いずれもそうした連接を成り立たせるための足掛かり、道具、もしくは素材に過ぎない
清水高志






[PR]
# by ito-atsuko | 2015-09-08 14:26 | Comments(0)

仙台2


ギャラリーBOITEお隣のMUGETさんlemuguet05.exblog.jp/ を訪問すると  

e0070099_11461302.jpg


こんなものが。
ここで扱う植物の多くは自分の畑で育てていて
これは花のあと種ができていく過程だそうです。
中の種を外から優しく保護している線や
上部の葉っぱの蓋も
自然の道理
その美しさに息をのみます.







e0070099_11441870.jpg





e0070099_15542345.jpg
リエイさんの樹木の刻印
生命のある




















[PR]
# by ito-atsuko | 2015-07-29 15:55 | Comments(0)

仙台1


itoatsuko×riey sato 『Oval -円と線と-』
2015.7.16(thu)-31(sat) 12:30-19:00 初日は伊藤在廊

BOITE〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2-9-22-201TEL.022-738-7185 

e0070099_11002204.jpg

楕円という規定の中から滲み出る多様なイメージやシグナル。
相互作用しながら、何かが消えたり新たに現れたり。
右左違う楕円のピアス、胸にはまた別の楕円を纏ったとき、
身体、声、装い、動きから漂うオーラと
それらをとりまく空間との関係はどうなるだろう。


同じ日本人であっても、それぞれの場所で少しずつ違ったニュアンスで生活していて、地方にいくとそれが鮮明に。長年営みを重ねてきた土地の持つ温かさ,自然の豊かさなどと重なり、

人間の底力、魅力を感じること、最近楽しみでしかたありません。



[PR]
# by ito-atsuko | 2015-07-07 11:02 | 制作、展示 | Comments(0)

ラルジャン

先週観たロベール=ブレッソンのこの映画
橋を渡ったことで
それまで映し出されていたパリの様子とは
劇的に空気を変える
川向こうの緑生い茂る農の家
日常の
生きるためのさまざまな作業の美しさや
それをただ繰り返し行い
身に降り掛かる殺生をも
同質に受け入れた
女性のことが頭から離れず































[PR]
# by ito-atsuko | 2015-06-07 13:47 | 映画、音楽、本,etc, | Comments(0)