ブログトップ

a,ito  hibi

itoatsuko.exblog.jp

色とりどりのそれらが、その反するものからの、
希望だったり切望の華やかさだったりする。

ファッションは、計らずも人の心やあれこれを代弁することはあるが、
翻ってその人の存在自体がすでに何かを語っていて
そしてそんな人がファッションの意義をも強く感じていたら。

いつだって、たゆたう自然にそって生きているような自分には
差し迫った実感のなかったことだけれど、

今さらながら、とても興味があります。
[PR]
by ito-atsuko | 2013-04-18 08:46 | Comments(0)
<< リング立て3 アウン.サン.スー.チーさん >>