ブログトップ

a,ito  hibi

itoatsuko.exblog.jp

aura

メモ

ビーズが現地から離れて東京へ向かったことで
持続は一旦寸断された
これを引き継ぎ
生を取り戻すために
作り手の生きている現在と持続
を吹き込む
ものに神を入れ籠む(なんと日本的な、道端の石ころに対してもその行為が可能なのである)
経済原理から遠く離れた
離れたが故に活かされ
宇宙までつながる
一粒のビーズ
一片の糸
レディーメイドによって
各階級の人々へ与えられた機会
一粒ずつへの慈しみ愛情や
使用頻度、繰り返しによってすでに
AURAを発する
ものへと昇華した(とみられる)
ビーズ
異なる背景をもつものの
混在する
ひとつのまとまりからは、
別の方向に逃げていく線
くっつく線が
奏でるひとつの
あるいはまた別のAURAが発せられ
ジュエリーとして
身体に関係する時に加わる
ひとつの素材
人という一瞬ずつ変化している生のものとの
共生によって
ふたたびのAURAを手に入れることがあるかどうか。
ジュエリーを装着することで
人の意識が変化するだろうか
あるいは無意識のゾーンに突破口をつくるだろうか、
愛着のあるものー
欠損(うさぎのかじり後に見るline)によるAURA
に沿わせる
レディーメイドのビーズ欠損から発せられるAURA


[PR]
by ito-atsuko | 2018-09-11 15:02 | Comments(0)
<< 真珠 夏休み2 >>